イベント企画しました!その名も

あっという間の師走ですね!

今年は過去最高に充実した1年でした。
カバーアルバムの製作に始まり、楽曲製作、アレンジ、ラガーズ結成、そして
たくさんのアーティストをサポートさせていただきました。

僕自身、ギターリストとして、リード奏者でありたいし、良い曲を作りたいし、
編曲者でありたいです。

ただ今年、僕のギターは伴奏者としてとても成長できた気がしています。
それは、やはり僕を必要としてくれた人がたくさんいてくれたこと、
その期待に最大限応えたい気持ちが成長に繋がったと思ってます。

そして決めました!

この感謝の気持ちと、自分自身の音楽を追求したい思い、人と人が音楽によって繋がれる
最高のイベントを目指して、僕の大好きなお店渋谷リエゾンカフェさんで企画しました!
その名も、

「夕暮れブーケの歌祭り」

今回は4人のシンガーソングライターに集まっていただきました!

すずきりえ
2005年、blue flowerでCDデビュー。アイリッシュ音楽をルーツに、
音から広がる緑 風 海 大地をその伸びやかな歌声と優しい言葉で表現した
アコースティックサウンドが好評を呼ぶ。2012年、ソロ活動開始。

柳田温実
2010年、単身でブラジルに渡り、現地の生活、本場の音楽に触れる。
滞在中、プロデューサーの目に止まり、名曲「Trem das onze」を含む
全5曲をブラジルサンパウロにてレコーディング。帰国後、CDデビュー。
魅力的な歌声と共に、若手ヴォーカリストの中でも、注目を集めている。

中溝ひろみ
2008年、浅草ジャズコンテストボーカル部門にてグランプリを授賞し同年 NY へ渡り、武者修行。美しい天使のような歌声と比類のないそのクリアボイスが魅力。そして誠実で真摯なその歌は多くの人を惹きつける。2011年、宮之上貴昭氏プロデュースでファーストアルバム『Song for a Sky』を発表。

たかはしまいこ(じゃりんこサンシャイン)
たまに落ち込むときもありますが、まいにちをプラスにキャッチして生きています。
そんな中で曲が生まれます。じゃりんこサンシャインはピアノ、ギター、オーシャンドラム、鉄琴、鈴、ピアニカその他おもちゃ楽器などなど、アコースティック編成。ファンタジーのような懐かしいような、毎日のごはんのようなフルコースのご馳走のような。そんな世界観であなたを包み込む、ほわほわブランケットバンドです。

このような素晴らしいシンガーを期間限定ではありますが、
夕暮れブーケBANDを結成し、サポートします!

森田晃平(ベース)
16才よりコントラバス,エレキベースを始める。 大学進学後、クラシックのメソッドを学ぶ傍らJazzやpopsのサポート活動を開始する。 2009,2012年には自身のバンド「Crimson」で日本最大級のロックフェス「Summer Sonic」に出演し好評を博した。
※ラガーズ一緒にやってるよ!

クラモトキョウコ(ピアノ、アコーディオン、コーラス)
様々なアーティストをピアノ、アコーディオン、コーラスでサポートし、作編曲、
イベンターとしても活躍、近年はシンガーソングライター齊藤さっこの名サポートが
好評のマルチプレイヤー!

あっという間にイベントまで2週間切りました!
テーマ曲も作ったし、マスターの周宝さんのご好意で13日にUstreamでの告知もさせて頂きます。
楽しみです。
お時間ある方は是非遊びに来てくださいね!
よろしくお願い致します!
■12月16日(日)
<場所>渋谷リエゾンカフェ
■チャージ予約¥1800 当日¥2000+1ドリンク
■OPEN17:00START17:30
出演順
①すずきりえ
②柳田温実
③中溝ひろみ
④じゃりんこサンシャイン

■夕暮れブーケBAND
ギター齋藤純一
ベース森田晃平
アコーディオン、ピアノ、コーラス クラモトキョウコ

■チャージ予約¥1800 当日¥2000+1ドリンク
■出演順
①すずきりえ
②柳田温実
③中溝ひろみ
④じゃりんこサンシャイン

■夕暮れブーケBAND
ギター齋藤純一
ベース森田晃平
アコーディオン、ピアノ、コーラス クラモトキョウコ


jun1sai10